FC2ブログ

オカまさむね

マイペースでのんびりやって行きます

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

【ネタバレ】サザンオールスターズ SUPER SUMMER LIVE 2013 茅ケ崎2日目

news_large_20130901sas_live.jpg
from ナタリー

サザンオールスターズ SUPER SUMME LIVE 2013
灼熱のマンピー!! G★SPOT解禁!!

@茅ケ崎公園野球場

2013年9月1日(日) 15時30分開場・17時30分開演

5年間、待ちに待ちました! 念願のサザンオールスターズのライブ。
人生初のサザンを、聖地・茅ケ崎にて味わって来ました。あの場にいられたことが未だに夢のようです。

盛り上がりすぎて記憶が定かではないところもありますが、曲のアレンジや会場の雰囲気なんかも織り交ぜつつ、夏の最高の思い出をここに記したいと思います。ネタバレがありますのでご注意ください。


自分がサザンファンになったのは、ちょうど2008年の無期限活動休止を発表した頃。当時は小学生だったので横浜までライブを見に行くことも出来ぬまま、いつかサザンをこの目に焼き付けることを願ってあの日を待ち続けてきました。

そして、2013年6月25日。新聞の一面広告に踊ったのは、「サザンオールスターズ、始まる。」という文字とともに、「茅ケ崎公園野球場」というあの伝説のライブ会場。発表の数ヶ月前に、ラジオで「茅ヶ崎ライブのリベンジをしたい」とは話していましたが、まさか本当に実現するとは思ってもいませんでした。

活動再開後の駆け込みFC入会でチケットは争奪戦になるのは目に見えていたので、申し込みはしたものの、当たれば儲けもんだよなぁぐらいの気持ちで結果発表の日を迎えたのですが、そのメールには「当選」の文字が!

ticket_chigasaki.jpg
自分でも、今年のチケットの引きの良さにはびっくりします。NHKの特番収録には参加できませんでしたが、その分aikoのLLR0(キャパ1000以下のFC限定ライブ)にも茅ヶ崎ライブにも参加できるとは…

相方さんも見事に当選したので、知り合いも誘って茅ケ崎へ出向くことにしました。

Twitterや新聞記事のネタバレに遭遇しつつ、出来る限りネタバレした曲を少なくしようと注意しましたが結局10曲ぐらい知ってしまいました。ニューシングルの4曲はやるだろうなとは思ってましたが、1曲目と最後の曲のネタバレには正直がっかり。Twitterは@ツイートでも両方フォローしていると会話が見えてしまうのが残念ですけど、ネットをしながら完全にネタバレを防ぐというのは無理な話なんでしょうね。

話を戻して、茅ヶ崎駅には15時半過ぎに到着。本当はもっと早く着いて観光したかったんですが、宮城から18きっぷで上京となるとこれくらいが限界ですかね。サザンビーチとか行きたかったんですけどね(._.)

DSC_0106.jpg

DSC_0108.jpg

茅ヶ崎駅に降り立つと、街を挙げての歓迎ムードと多くの人で賑わっていました。7月に訪れたときとは人の流れもまったく違って、朝ラッシュ時のような混雑が1日中続いていたのかと思います。

DSC_0109.jpg
駅から野球場へはずらーっと並ぶ人の列がかなり長い距離に渡って出来ていました。分散されるよりは並んでもらった方が警備も楽なんでしょうね。

いざ野球場にたどり着くと、本当に地方の小さな野球場が会場になっていてびっくり。更に、周囲を囲む音漏れ組のあまりの多さにもびっくりしました。近隣の住民の人もみんな家の外に出て、中にはバーベキューをしながら、屋根に登って見る人もいて、街全体がお祭りのように活気づいていました。

サザンビーチ前のサンクスでトイレを済ませ、会場へ向かいます。

DSC_0111.jpg
届いてたお花は東京キー局のほか、加山雄三船長や2000年の茅ヶ崎ライブに出演した地元の小川直也などから。

時間も結構経っていたので、展示物は宮城でじっくり見ることにして入場列へ。前回のソロツアーの宮城公園ではアリーナ8列目という良席を引き当てましたが、今回は野外席の1ブロックでした。

今回は全席立席で椅子はなし。野外席は芝生がありますが角度が付いていて飛び跳ねるには少し疲れる環境でしたが、椅子が無い分場所は自由に取れるのでありがたかったです。ちなみに、アリーナ1ブロックは会場の左端。ステージ全体は見えませんが、ステージ自体には近くこれはこれで悪くないかな―っていう席です(笑)

開演前には、桑田さんの母校・鎌倉学園高校からの応援VTRや、茅ケ崎公演でサザンでは初めて取り入れられたザイロバンドの点灯試験が行われたりして、ボルテージを徐々に高めていきました。17時半を少し過ぎた頃、警備のお兄さんから「立って前に詰めてくださーい!」とアナウンス。いよいよライブの始まりです。

ライブの始まりはVTRから。この5年間、日本にはいろいろあったけど足りないものが1つあった。それは、「Southern All Smap」っていう出オチが1発目のネタでした(笑)気を取り直してメンバーの登場。2000年の茅ヶ崎ライブを思わせるような、ステージ下からのポップアップでの登場で一気に歓声が上がります。


M01.Ya Ya(あの時代を忘れない)
注目の1曲目は、5年前の真夏の大感謝祭で最後に歌われたYa Ya。2Daysの1日目は海だったようですが、個人的には2日目の方が繋がりを感じて気に入っています。しんみりした曲が1曲目になるのは、1991年・THE 音楽祭の「逢いたさ見たさ病めるMy Mind」以来なのでかなり久しぶりですね。1曲目から感動のスタートでした。

M02.My foreplay Music
曲の位置もアレンジも、みんなが好きです!と近いものだったと思います。
2011年の宮城ライブで弾き語りで一度聴いていましたが、ピアノのイントロはテンションが上がりますね。

M03.勝手にシンドバッド
ここでシンドバッド?!と多くの人が思ったはず。不意打ちを打たれました。
「今何時?」「そうね大体ね」の掛け合いがすごく楽しかったです。3曲目で汗だくになりました(笑)

早くもここで金テープ発射。自分の席のところには届かなかったんですが、スタッフの方が届けてくれました。
んで、一発目のMC。茅ケ崎に帰ってきたよー!っていう感じのMCでした。aiko流の年齢確認もサザンでやってくれました。覚えてる限りでは、

0代→何も分かれないのに連れてこられて、10代→友達連れてきてね、20代→がんばれ、30代→年金払え、40代(多分最多)→あなた達がサザンをここまで育てた、50代・60代→(覚えてない)、70代→会場総拍手

って感じだったと思います。サザン・aiko兼ファンとしてはすごく嬉しいMCでした。

M04.YOU
来ました!サザンで一番好きな曲(;_;) アレンジは真夏の大感謝祭とほぼ同じ(アウトロはオリジナルでした)。
大好きな曲を何度もライブでやってくれて、それだけで嬉しいんですがついに生で聴けるとは。感涙です。

にしても、YOUのセトリ入り率すげぇなぁ(笑)
発売後、89-90、90-91、91、91-92、95、98、00、03、05-06、08、13とかなりのセトリ入りです。

M05.涙のキッス
ツアー初日前日のNHKの特番はライブの予行演習のようなものだったんでしょうね。これもその曲の一つ。
5年前はカットされた、間奏前の「振られた~」のところもやってました。

M06.愛する女性とのすれ違い
ここまでは定番曲が並んでいましたが、ここで意表を突く1曲。KAMAKURAも代表作の一つとはいえ発売から28年も経っていますから、ライトファンはポカーンでしょうねー。

M07.夏をあきらめて
波音とカモメのSEから入ったので、これはチャコ来るか?と思ったら夏をあきらめてでした。

M08.タバコ・ロードにセクシーばあちゃん
この選曲には思わず笑ってしまいました(笑)
2003年もやっているので、多分好きなんでしょう。

M09.Moon Light Lover
これも不意打ちの一曲。Aメロがすごいいいメロディラインですよね。大好きです。

M10.さよならベイビー
これもライブ前に聴きたい曲として呟いていたので、すごく嬉しかったです。
大サビの「笑って夢から~」はカット。

M11.愛の言霊~Spritual Massage~
片山さんのOvertrueから入ったんですが、ちょうどそのくらいのタイミングで後方の空にUFOのような光が。
ヘリにしては静かだし、飛行機にしては止まりすぎなのでUFOってことにしておきます(笑)
イントロのSEも相まって、茅ヶ崎ライブの印象に残る場面の一つです。アウトロもアレンジが加えられていて、バックの音を下げてサビのフレーズを歌いながら締めていたかな。

ここでメンバー紹介。5年前のメンバー紹介はメンバーが一言もしゃべらなくてがっかりしたんですが、今回は全員の声を聴く事が出来ました! 小ネタも挟みつつ、これこそサザンだよなぁとしみじみ。

紹介の後は、5年前に預けた「屋号」の返還式。ファンが念を送った先には「ヤゴ」が入っていました(笑)
そのままあまちゃんネタに入り、新曲2曲。まずはアキとユイがモチーフになったVTRからこの曲。

M12.人生の散歩道
ステージにはカエルがうろちょろ。日産のニュース記事で読んだ時に毛ガニがカエルになって踊ってたみたいな事が書かれていたのでつい指さしたんですが、後ろでちゃんとパーカッションやってました。。。

続いては、太巻さんモチーフ。原坊のナレーションは曲を作るきっかけとなったデビュー前の喫茶店の話。

M13.栄光の男
テレビで頻繁に放映されてましたね。あまり大きなアレンジはなかったと思います。

MCを挟んで、続いてはアコースティックコーナー。サブステージはなく、メインステージでの準備中には前日行われた市民栄誉賞の模様や、35年間のメンバーの軌跡をたどるVTRが流れていました。案の定大森さんはカット。

M14.ラチエン通りのシスター
今回は「茅ケ崎に背を向けて」はセットリストにはなかったんですが、潮風を浴びながら茅ケ崎の地で聴くラチエン通りのシスター、最高じゃないですか。

M15.NEVER FALL IN LOVE AGAIN
また不意を突かれました。やけに9月の風が体を湿らす…これも、ちょうど9月1日に潮風を浴びながら聴く事が出来ました。海が近い茅ケ崎、それも9月初日の2日目だけの特権だと思います。

ここで小話。テンションが上がった時にどんな振りをする?という話題で、毛ガニはいつものアホ踊り、ムクちゃんは見ることはできませんでしたが単なる痙攣にしか見えなかったようで(笑)

しっかりと原坊が軌道修正して、沖縄が舞台の曲。

M16.神の島遥か国
Bメロが全部ファルセットなので最初はびっくりしましたが、ファルセットは一部でしか使ってませんでした。というか、最近の声の調子だとそんな心配をする必要もないですね。この日初めて会場の皆の手が左右に揺れました。

M17.慕情
スクリーンにイントロと共にタイトルが出た瞬間、声は出ないが非常にびっくりした時に出るあの独特な雰囲気に包まれました。1曲目からずっと歌ってた後ろのおっさんもここは空気を読んで黙ってくれたので、今まで以上に集中して曲を味わうことが出来ました。もちろん感涙。

アコースティックコーナーはここでおしまい。

M18.太陽は罪な奴
サビのキーが高いのでもう歌わないのかなと思っていたんですが、NHKの特番で不意を突かれました。コーラスのTIGERさんのブラックミュージックの雰囲気漂う声がモータウンの曲調にぴったり合ってると思います。

M19.Bye Bye My Love(U are the one)
弘のドラムソロから入る定番のアレンジ。間奏のヘイ!が楽しかったなぁ。「茅ヶ崎は雨もなく素晴らしい夜だね ふるさとでみんなと逢って 幸せ感じてる」の替え唄で大歓声が上がってました。自分も跳ねて喜びました(笑)

M20.真夏の果実
一緒に行った知り合いが聴いたら泣くと言ってた曲。まさか自分もうるっとくるとは思いませんでした。というか、真夏の果実で初めて泣きました。サビの「砂に書いた名前消して~」があまりにもすごすぎる詩でつい(;_;)

M21.LOVE AFFAIR~秘密のデート
サビをアレンジしたovertrueからスタート。すごくかっこよかったです。これも宮城ライブ以来。

M22.涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~
水着ダンサー登場。去年のソロツアーの波乗りジョニーと同じようなダンスでした。

IMG_0049_20130904202849b38.jpg
M23.蛍
ここで、渡されたザイロバンドが大活躍。写真では青色に光っていますが、蛍の時は緑色に光って、会場一面に蛍が居るような幻想的な光景が広がりました。この曲も泣くまいと思っていたんですが、あの演出は反則です。この日一番涙が出ました。

ザイロバンドは映像化すると光のぼやけが無くなってしまうので、生で見たときより少し控え目に映るんですよね。その場にいた人しか味わえない、茅ヶ崎ライブ一番の思い出です。

ここから煽りコーナースタート。

M24.ピースとハイライト
発売前から色々と物議をかもしたこの曲。ステージ映像では世界各国の国旗が球状で表示されるんですが、一番大きかった球がフォルクスワーゲンだったのには参りました(笑)テンポも早くなり、サビはノリノリでした。

M25.マチルダBABY
マチルダさん来ました! 「マチルダBABY~♪ NO! NO! NO NO! (バンッ!) NO!」の炎の熱がこちらまで伝わって来ました。初日は風が強くて演出が控えめだったようですが、2日目は盛大に爆発してました!

M26.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
まさかのYouTubeでネタバレしたマチルダ~ミスブラの流れ。どういう繋ぎで来るのかなと思ったら、誠ちゃんのギターソロでスタート。途中からイントロのフレーズを弾くまで、ボディスペ来るか?と思った人も多いはず。

間奏のアレンジも原曲に忠実で、あまり手は加えられていませんでした。逆に何十年ぶりなんだろうというくらい久々だったと思います。

M27.overtrue~みんなのうた
5年前、夕方HOLD ON MEの前に歌った「あの日から~」を、テンポを早くしたアレンジで入れられてました。
そして、何より放水! 残念ながら1塁側の客席にはあまり来なかったんですが、成功さんの首を締めながら放水してたのはサザンらしくて嬉しかったです。

サビの腕振りはほとんどの人がBメロからやってました。自分は意地でもサビからを貫き通したんですが、宮城はどっちからやろうかなぁ。毛ガニはサビからやってたっぽいので、このまま通そうかな。

M28.マンピーのG★SPOT
ムクちゃんのベースからスタート。これまた定番のアレンジ。マンずらは金髪のボブで、そこからティッシュが限りなく出てくるニューバージョン。神輿も登場して、きのことアボガド(真夏の果実のジャケットのアレ)。要はアレとアレですね、ハイ。

そして何よりもサビで2回も放送禁止用語で歌ってたのがウケました(笑)これぞ下衆の極み。

ただ、終わり方はちょっとだれてましたね。神輿が中央でイチャイチャした後、いつまでもワッショイワッショイやってて、知らない間にメンバーは引っ込んでるし、宮城までに改善されてるといいんですが。

news_large_20130901sas.jpg
from ナタリー

ザイロバンドを使ったこんな素敵な演出もアンコール前に行われました。
ちなみに、ザイロバンドは緑・青(白)・赤・オレンジに光ります。かなり高性能です。

アンコールでメンバーが出てくるまでやるのかと思ったらその前に終わっちゃったのでえ?ってなりましたが、この素敵なサプライズに加われたことを幸せに思います。

アンコール明け、メンバーはツアーTシャツに着替え、桑田さんだけタンクトップで登場。

E01.ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
風船はピースとハイライトで出てしまったので、風船はなし。どっちかっていうとこの曲で見たかったです。

MCを挟んで、久しぶりのこの曲へ。

E02.フライングゲット・ブルース~HOTEL PACIFIC
フライングゲット・ブルース…メロディは8年前の水道橋ブルースと同じ。要は太陽に吠える!!です。そして、ついにホテパシガールがローサからAKBに世代交代しました。会場にコスプレした人は見かけませんでしたが、今まで通りの恰好で行くとWOWOWで抜かれて痛い目に合います。

2番Aメロはダンサーにちなんで替え歌。せっかく「茅ケ崎」って歌詞が入っていたのにもったいない気もします。
サビの踊りは大体出来たんですが、完璧ではなかったので宮城までに練習しておこうと思います(._.)

E03.いとしのエリー
セブン関連会社の社長が会場の写真と共にネットにアップするという暴挙にあった1曲。もちろんパフォーマンスは最高でした。最後のタメがかなり長くて、お客さんの歓声を煽っていました。

ここで最後のMC。あと約1曲で終わり、もっと聴きたいなら金払えと桑田節炸裂(笑)

E04.希望の轍
あまちゃんの恰好をしたストリングスと共に大盛り上がり。最後の曲は、13年前の茅ヶ崎ライブの1曲目でした。
少し前まではライブの最後の曲ってある程度予想できたんですけど、近年はちょこちょこ替えてきてますね。
2番のシャウトもばっちり決まって腕がプルプルになるまで燃えつきました。

エンディングは、本人がラジオでネタバレしたミュージカルテイストで終了。猪木のダー!はありませんでしたが、万歳三唱はありました。茅ケ崎にまた帰って来たいって言ってたし、また茅ケ崎でサザンが見れるといいな。

メンバー退場後は海辺で打ち上げた花火でライブを〆ました。地元の花火は不発に終わったので、綺麗な花火をようやく見ることが出来ました。かなり大きいのも上がってきて綺麗でした。

DSC_0114.jpg
サザンファンになってから5年、夢だった「サザンのライブに行く」という夢がついに叶いました。
ご一緒したサザンファンのみなさん、そしてサザンのメンバーのみなさん、素敵な夜をありがとうございました!




セットリスト

M01.Ya Ya(あの時代を忘れない)
M02.My Foreplay Music
M03.勝手にシンドバッド
M04.YOU
M05.涙のキッス
M06.愛する女性とのすれ違い
M07.夏をあきらめて
M08.タバコ・ロードにセクシーばあちゃん
M09.Moon Light Lover
M10.さよならベイビー
M11.愛の言霊~Spritual Massage~
M12.人生の散歩道
M13.栄光の男
M14.ラチエン通りのシスター
M15.NEVER FALL IN LOVE AGAIN
M16.神の島遥か国
M17.慕情
M18.太陽は罪な奴
M19.Bye Bye My Love(U are the one)
M20.真夏の果実
M21.LOVE AFFAIR~秘密のデート
M22.涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~
M23.蛍
M24.ピースとハイライト
M25.マチルダBABY
M26.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
M27.みんなのうた
M28.マンピーのG★SPOT

E01.ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
E02.HOTEL PACIFIC
E03.いとしのエリー
E04.希望の轍

個人的には、ボディ・スペシャルⅡが欲しかったなぁ。全体的な夏のポップソングで組んできましたね。
でも、好きな曲もいっぱいやってくれたので満足なセトリでした。

にしても、真夏の野外で32曲も演奏できるあのパワーはどこからやってくるんでしょう。桑田さんの声の調子もここ10年で一番なんじゃないかというくらい絶好調ですし。でも、弘はさすがに疲れが見えたかなぁ…

中盤のアコースティックコーナーやバラード曲は演者の体を休める意味でも必要なのかも。


メンバー

Southern All Stars are
桑田佳祐-Vocal & Guitar
関口和之-Bass
野沢秀行-Percussion
松田 弘-Drums
原 由子-Vocal & Keyboard

Support Member
斎藤 誠-Guitar & Chorus
片山敦夫-Keyboards
山本拓夫-Sax
吉田 治-Sax
菅坂雅彦-Trumpet
Tiger-Chorus

メンバーに「Southern All Stars are」と書けるささやかな喜び。

次はツアー最終日の宮城!思いっきり楽しむぞ\(^o^)/

スポンサーサイト



COMMENT▼

Re: タイトルなし

>福フクさん
お疲れ様ー。まさか泣くとは思わなかったからねぇ(笑)
その場の空気もあって、やっぱり生は最高!

次はゆっくり見よう(´▽`)

お疲れ様〜
真夏の果実と蛍は同じぐらい泣いたわ(笑)
やっぱり生で聴くのはいいなぁと改めて思いました。

また宮城でもお世話になります^_^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://rapid583.blog45.fc2.com/tb.php/84-18e1dce4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ひばっちょ

Author:ひばっちょ

【Like!】
・サザンオールスターズ
・aiko
・モヤモヤさまぁ~ず2
・しょんないTV
・電車

【MEMBERS】
・SAS応援団
・Baby Peenats
・Team aiko

【使用機材】
・Canon EOS Kiss X3
・Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム