FC2ブログ

オカまさむね

マイペースでのんびりやって行きます

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 夏の北海道一人旅 その10【函館まで南下~ちょっとだけ函館観光】

2016.09.04(日) 7日目/9日目

気が付けば旅行が始まってから早1週間。後から振り返ると長く思えますが、実際旅しているといろんな発見があって結構あっという間に過ぎるものですねー。ただ、疲れは溜まっていたようで朝6時過ぎに起きて札沼線を完乗するという目的は呆気なく潰え、目覚めたら9時過ぎでした。

というわけで、大人しく列車を乗り継いで一気に函館まで向かうことにします。ホテルを出て2日ぶりにスーツケースをコロコロと牽きながら旭川駅へ。

IMG_1164.jpg
駅に着くと「すみません 回送車です」と律儀に謝ってくれるバスが見送ってくれました(笑)

駅のお土産屋さんで友達へのお土産を買ってると結構時間ギリギリになっていたので慌ててホームへ。10時21分発の滝川行922Dに乗車します。車両は安定のキハ40。日曜の朝ということで、思いのほか混みあってました。

IMG_1170.jpg
深川で留萌本線に乗り継ぐであろうたくさんの人を降ろし、難読駅名「妹背牛(もせうし)」を過ぎて江部乙で特急スーパー宗谷2号の通過待ち。1/500あれば止まるかなと思いきや、普通に被写体ブレしました(汗

スーパー宗谷をやり過ごして江部乙を出ると滝川に到着します。

IMG_1176.jpg
滝川からは特急スーパーカムイ18号でワープします。というのも、滝川~岩見沢間には17分の待ち合わせで岩見沢行の普通列車はあるにはあるものの、岩見沢から先の接続が上手く合わず函館までたどり着けないので致し方なく、、、

とはいえ、スーパー白鳥以来の789系の走りを楽しめたのはよかったかも(笑)

IMG_1178.jpg
岩見沢からは12時7分発の区間快速いしかりライナーに乗って、札幌に2日ぶりに戻ってきました。

時間があれば行けずに食べられなかった帯広名物の豚丼を食べたいところでしたが、あいにくそんな余裕はなくコンビニのお弁当で済ますことに。。。

IMG_1180.jpg
弁当を買ってホームに上がるとスーパー北斗が停車中。金に物を言わせて一気に函館まで行きたい…

…学生にそんな技が為せるわけもなく、大人しく13時20分発の快速エアポート130号に乗車。さらば札幌~

IMG_1182.jpg
乗換が楽な千歳で下車して、北広島で抜かした後続の普通列車を待ちます。

IMG_1185.jpg
千歳13時44分発の苫小牧行2764Mに乗車。結構空いてましたが、どうも701系と同じでロングシートで弁当は食べにくいってことでお昼はまだお預け。いい加減腹減ったぞ~

IMG_1192.jpg
40分近い待ち時間を経て、苫小牧14時49分発の440Dに乗車。SL銀河でおなじみのキハ150系でした。50系客車を気動車化したので、PDCとも呼ばれるキハ150系、どことなく客車の雰囲気を残す面白い車両です。

久々にボックスシートにありつけたので、ここでようやくお昼。普通の弁当なのに何故か普段よりもおいしかったなぁ。ご飯を食べた後はのんびりと音楽を聴きながら一休み。東室蘭には15時56分の到着です。

IMG_1196.jpg
東室蘭からは長万部行の480Dに乗車します。キハ40+キハ150+キハ40-300という見た目が楽しい編成だったので、ついつい編成写真を撮っちゃいました(笑)

工場群を横目に室蘭の街を去ると、久々に海が見えてきました。台風の影響も落ち着き、海は静けさを取り戻していました。学校帰りの学生で少し混みあう列車も、進んでいくごとにだんだんと空いてきます。

IMG_1199_2016102821520393f.jpg
伊達紋別を過ぎ、洞爺の次の豊浦駅で3両のうち後ろ2両を切り離し。海の見えるのんびりとした無人駅でした。

IMG_1203.jpg

IMG_1204_20161028215205669.jpg
豊浦を出ると人気のない海沿いの山々をトンネルをくぐりながら進みます。秘境駅で有名な小幌駅もこの区間にあります。駅の名前は知っていたのですが、場所は特に覚えてなかったので唐突の光景にびっくりしましたw

国道5号越しに海が見えてくると、終点の長万部に到着。札幌を出てから5時間近く。相変わらず規模がでかい、、、

IMG_1208.jpg
長万部からは普通列車の接続もあるのですが、帰省していた大学の友達が函館を案内してくれるとのことだったので一気に函館までワープ! 長万部18時2分発の特急スーパー北斗18号に乗車しました。日本の気動車特急では最長なんじゃね?と思ってしまう10両編成。長大編成の特急列車は何度見てもかっこいいですね~

台風のJR北海道への被害というとどうしても道東が浮かんできますが、函館本線も倒木の被害が大きく数日間運転を見合わせていました。最悪高速バスで向かうことも覚悟していたのですが、この日の数日前に特急列車だけですが無事運行を再開して何とか函館までの足は予定通り確保できたのでした。とはいえ危なかった…

DSC_2427.jpg
実質的な北海道最終日ということで「北海道限定」をいろいろ試してみよう!!ってことで、いろはすのハスカップ味。美味というよりは、子供の頃に食べたことのある駄菓子の味に近いけど何の味なのかは結局よく分からなかった…謎でした。

日も暮れて真っ暗な木々の中をかなりのスピードで飛ばしていき、五稜郭の市街地までくると間もなく函館。

IMG_1209_20161028215309a62.jpg
19時24分に函館駅に到着。過去2回訪れている函館ですが、まともに降り立つのは今回が初めてです。お役御免となったスーパー白鳥用の789系が留置されていて、函館駅自体も前に比べると静かになったなという印象でしたねー。

旭川から室蘭本線周りで455.5Kmの長旅でした。友達と合流して夜食を買い込みホテルで荷物を降ろし、短い間ですが函館観光に連れてってもらいます~

DSC_2428.jpg
まずは函館にしかないハンバーガーショップのラッキーピエロで夕食。前からずっと食べたいと思っていたので、念願叶ったりって感じですね(笑)

DSC_2429.jpg
全国チェーン店にはない独特な雰囲気。

DSC_2430.jpg

DSC_2432.jpg
ラッキーガラナと友達おすすめののり弁、後は無難に一番人気のチャイニーズチキンバーガーを注文。
美味!めっちゃ美味しかったです!!

IMG_1220.jpg
お腹を満たした後は、函館を望むいわゆる「裏夜景」へ。公共交通機関もなく、山道を進んだところにあるスポットなので観光客が訪れるにはなかなか難しいスポットなのですごく新鮮でした。にしても函館山にかかる雲、嫌な予感…

DSC_2434.jpg
続いてこちらも函館限定のコンビニ・ハセガワストアの焼き鳥。焼き鳥っていう商品名ですが豚肉ってのがミソ。

寄り道をしながら函館山の麓まで来ました。観光だとロープウェイを使って山を登るケースがほとんどだと思いますが、23時を過ぎているので自家用車で山頂を目指します~。急カーブの続く急な坂道を登って行くと、だんだん視界に広がってくるのは函館の絶景ではなく、、、

IMG_1223_20161028215337f97.jpg
霧でした(泣) 霧というか、山を登っていくにつれてどんどん雲の中に入っていくような感じで、フラッシュを焚いて写真を撮ると司会の悪さが伝わるかと思います。身の危険を感じたので(笑)、さっさと山下りに切り替えました。

IMG_1226_20161028215302513.jpg
途中で何とか夜景も撮ってみましたがこの有様。大学生のうちにリベンジしに行こう。。。

IMG_1230.jpg
観光名所の八幡坂にも連れてってもらいました。0時を過ぎたので写真も撮りやすかったですねー。

IMG_1235.jpg
最後に金森赤レンガ倉庫に連れてってもらって、弾丸的な函館観光は終了!
夜景のリベンジとか、大沼公園の観光とかもまた機会があったらしてみたいですねー。

DSC_2439.jpg
ホテルに戻ってからはコインランドリーで溜まった洗濯物を片付けずつ、名物の焼きそば弁当を食べて2時半ぐらいに就寝(だったはず)。ほとんど移動で終わった北海道最終日でした。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://rapid583.blog45.fc2.com/tb.php/128-fc948419

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ひばっちょ

Author:ひばっちょ

【Like!】
・サザンオールスターズ
・aiko
・モヤモヤさまぁ~ず2
・しょんないTV
・電車

【MEMBERS】
・SAS応援団
・Baby Peenats
・Team aiko

【使用機材】
・Canon EOS Kiss X3
・Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。