FC2ブログ

オカまさむね

マイペースでのんびりやって行きます

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 夏の北海道一人旅 その1【太平洋フェリーで北海道へ】

大学に入って2回目の夏休みも今日で終わろうとしていますが、そんな夏休みに何か記憶に残ることをしたいなと思い立って、この夏は北海道へ一人旅してきました。それも9日間という長さです。今まで最長5日間家を出て一人で旅してきたことはありましたが、それの倍近い日数の旅行になりました。

旅に出た理由としては「独り身になって自由になったから」とか「傷心旅行」とか後付けで色々と言うことは出来るんですが、別れた翌日ぐらいには北海道に行こうと決めるぐらいだったので、とにかく長い旅行がしたかったんだと思います笑

何かしらの形で記録に残しておくと、記憶にも残りやすいようにも思うので例に倣って備忘録のようなものを書き記していきたいと思います。



2016.08.29(月) 1日目/9日目

宮城から北海道に行くルートとなると、一般的には飛行機、あるいは先日開通した北海道新幹線を使うのが一般的かと思いますが、如何せん学生にはなかなか厳しいお値段。そこで救いの手を差し伸べてくれるのが仙台と苫小牧を結ぶ太平洋フェリーです。知り合いが何人か乗っていて以前から気になってもいたので、いい機会だと思い今回乗ることにしました。

太平洋フェリーは通常運賃でも他のルートに比べると結構安い方なのですが、ネットで早い時期に予約する「早割」というものがあって、これを使うとなんと通常運賃の半額の運賃で北海道まで行けちゃうわけです。そんな訳で得した気分でぼーっと日常を過ごしていると目に飛び込んでくるのはあの台風のニュース、、、

T1610.png
(気象庁ホームページより引用)
そうです。台風10号が東北~北海道に向かってやってきたのです。一度沖縄に行ったかと思えばまた東に進み、そのまま東北に上陸していったどうかしちゃってる台風が、乗船する太平洋フェリーめがけて向かってきたのであります。この画像は台風の進路図なのですが、この画像を見るだけでどうかしちゃってるのかが伝わるかと思います笑

如何せん海を行くのがフェリーですから、海が荒れようものなら欠航も免れません。旅行初日の8/29の数日前からこまめに太平洋フェリーのホームページでチェックしていると、前日のお昼に最終的な運航計画が発表されてました。

Taiheiyo-Ferry.png
…勝った。
他の便が軒並み欠航となる中、自分が乗る8/29仙台発の苫小牧行「きたかみ」は台風から逃げるように出発を早めて運航することになりました。本当救われました、、、

というわけで、雨の中人生初のスーツケースを転がして9日間の旅行が何とか始まりました。太平洋フェリーは所定19:40発なのでその1時間前までに仙台港に着けばいいのですが、今回は14時までに受付を済ませるようにとの連絡があったのでそれに間に合うように仙台港へ向かいます。まずは本線に乗って名取で途中下車。翌日から使う切符を買って長町でまた下車。図書館で借りていたCDを返そうと思ったら、まさかの休館日。月曜日なので定休日だったんですねぇ。

IMG_0562_2016091121514063f.jpg
仙台駅で昼飯を食べて、仙石線で中野栄へ向かいます。

IMG_0564.jpg
中野栄駅からはバスに乗り換えて仙台港フェリーターミナルへ。駅に着くと見覚えのある顔がいたのでよく見てみたら同じゼミの子でした。同じゼミとはいっても、自分のゼミは全然交流が無いところなのと相手は別団体で動いてたのでおとなしくそっとしてました。「グループでフェリーかー、楽しそうだなぁ」ぐらいには思ってましたけどね←

IMG_0565_20160911215118686.jpg
バスに10分ほど揺られてフェリーターミナルに着くと、早速そこにはドデカいフェリーが鎮座していました。今までいろいろとフェリーは見てきましたが、その中でも飛びぬけて大きかったですね。

ターミナルに入ってさっそく受付の列に並び、10分ほど並んで自分の番に。すると係員からは同意書が差し出され、名前を書いてくださいとのこと。同意書…?と思いましたが、「海が荒れて船が揺れる場合がありますがそれでも自分は船に乗ります」みたいな感じのやつでした。今どきのサービス業はどこも大変ですねぇ。

IMG_0570_20160911215443ce4.jpg
一応フェリーターミナルの2回に売店や軽食コーナーはあるんですが、学生で占拠されたりしていてもしょうがなかったのでそそくさと船に乗り込むことにしました。

IMG_0572_20160911215425374.jpg
今回乗船するきたかみは3隻ある太平洋フェリーの中の船の中でも最古参の船で、1989年にデビューしました。ちょうど今日が震災から5年半の節目の日になるのですが、その震災のタイミングで仙台港に停泊していて、素早い判断で沖に逃げたことによって震災の被害を免れた船でもあります(当時の様子はこちらに記されています)。

船へと続く階段を上ってスタッフに搭乗券を渡すと、いよいよ船に足を踏み入れます。下調べの段階でかなり豪華だというのはわかっていたのですが、カーペットの敷かれた船内はそれでも実際に自分の目に飛び込んでくると本当に船なのか?と思ってしまう程でした。とりあえずスーツケース諸々をベッドに置こうと、自室へ向かいます。

IMG_0575.jpg
自室とは言っても、早割を甘く見ていた自分は気づいたころにはA寝台以上のクラスはすべて売り切れていて、残っていたB寝台を購入したのでこのベッドが今晩のお宿になります。2段ベッドなので、寝台特急のB寝台を思い出しましたねー。船自体が古いのでコンセントは付いてませんが、ただ寝るだけという点では十分な設備です。早割を使うと、これで約5000円ほどで済むので本当にお得!

IMG_0576.jpg
部屋には非常時の脱出方の掲示が。こういうのを見ると非日常のところにいるんだなぁと実感出来ますね。

荷物をベッドにおいて身軽になったところで、さっそく外に出てみることにしました。

IMG_0586.jpg
台風が近づいていたのもあり、空模様は怪しげ。

IMG_0592_20160911215546035.jpg
14時12分、出港の準備が整いタグボート(プロフェッショナルで覚えたw)に率いられ仙台港を出発。風は相変わらず強かったですが、先ほどの写真から時間が経つにつれて青空が見えてきて、嵐の前の静けさともいえるような空模様でした。

IMG_0606_201609112155053c4.jpg
3隻の船に見送られながら14時間の長い船旅へ。仙台港をの端まで外に出ていましたが、同じような若い一人の男子を見つけて一安心(フェリーという環境もありますが、ほぼ9日間一人というのはまだ肝が据わってなかったからなのか…?)。

一度船内に戻ると、すでに乗客はリラックスムード。船内にあるテレビをのんびり見る人、昼間から酒盛りしてる人、友達としゃべる人など思い思いに過ごしてる感がありました。自分も船内を回ってみたり、自分のベッドやラウンジでゆったりと。海を行くので携帯の電波はあまり入らないと聞いていたのですが、ラウンジであれば案外入ったのでそんなに暇はしませんでした(1階のベッドに行くと全く入りませんでしたけどね)。

IMG_0613_2016091121552017a.jpg
船内には現在地のわかるモニターがあります。仙台港を出て2時間半ほど経ちましたが、まだ宮城県沖というので少しびっくり。40Km/hぐらいまでしか出さないみたいで、そう考えると本当にのんびり行くんだなぁとしみじみw

IMG_0611.jpg
再び外に出てみると、雨がぽつぽつと降りだしていましたがまだそこまでの荒れ模様ではないようでした。曇りなのもあって、見渡す限り海です。

何でか無性に眠かったので、ベッドに戻ってひと眠りzzz...

IMG_0582.jpg
18時前に目が覚めたので再びラウンジへ。そろそろ夕食の時間ですね~

DSC_2370.jpg
夕食は名物のディナーバイキング。確か1500円だったと思います。普段だと仙台港停泊中から営業なので、食事をしながら出港になるんですかね。入り口脇の食券売り場でチケットを買って中へ進みます。

DSC_2371.jpg
名物のステーキはおかわりするぐらいおいしかったですw
他にもカレーや麻婆豆腐、そばなんかも食べたりして満腹満腹。。。

夕食後は大浴場の営業が21時までとのことだったので、20時半からのビンゴ大会に間に合うように大浴場へ。この時間になると波もだいぶ荒れてきて、浴槽のお湯が波に揺られて波の出るプールみたいな感じになってました。それが結構楽しくて長湯したらビンゴ大会の開始時間にはぎりぎり間に合わず、途中参加で何とも言えない感じでビンゴ大会は終了()

後はゆったりと明日の予定を立て直しながら過ごしてました。

IMG_0614_20160911215635020.jpg
仙台港を7時間以上早く出たので、翌朝の苫小牧到着もその分早くなります。普段は11時台着とのんびりとした朝の時間を過ごせるのですが、なんと当日の到着は朝4時!朝の時間もくそもないので、日付が変わる前ぐらいにベッドに入って眠りに就きました。

3時前の船内放送のタイミングで一度目が覚めると、苫小牧到着は予定より30分繰り下がって4時半見込みとのこと。それを聴いてすぐまた眠りに就き、再び目覚めると4時を過ぎた頃でした。

IMG_0615_20160911215630983.jpg
慣れないコンタクトをベッドで頑張ってつけたり、スーツケースの整理をしたりしているともう苫小牧に着いたようです。なんか呆気ねぇ、、、

スタッフに見送られながら、スーツケースを転がしていろいろあった人生初の船旅は終わったのでした。終わったといっても、旅行自体は始まったばかりなんですけどね。

IMG_0616.jpg
駅まで距離がありフェリーターミナルの周辺には何もないので、4時に苫小牧港に卸された乗客は皆待合スペースで待ちぼうけ。ちなみに始発の苫小牧駅に行くバスは朝7時前までありませんw

キリがいいので今回はここまでにします~
多分10回は超えると思うので、暇つぶしなんかにお付き合いくださいm(_ _)m
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://rapid583.blog45.fc2.com/tb.php/117-81edada1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

ひばっちょ

Author:ひばっちょ

【Like!】
・サザンオールスターズ
・aiko
・モヤモヤさまぁ~ず2
・しょんないTV
・電車

【MEMBERS】
・SAS応援団
・Baby Peenats
・Team aiko

【使用機材】
・Canon EOS Kiss X3
・Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。